得意なことと好きなことは違うのを知っておこう

得意なことよりも好きなことを選ぼう
小さな子供の頃から、親に習い事を強制されてきたのでピアノを弾くのは上手いという人もいます。しかし、自分自身がピアノを好きではないなら、どんなに素晴らしいピアニストになれても魂の奥底からの喜びはありません。

理由は、それが自分の魂の求めていることではないからです。

その意味で、得意なことと好きなことは違うのだといえます。天職を探しているなら、得意なことよりも好きなことの方をやってみるようにしましょう。

もし、それがあなたの天職であるなら、たとえ今はあまり上手でなくてもやっているだけで深い喜びを感じるはずです。その仕事でそれほどお金を稼げていなくてもそうなります。

そのうち、どんなにお金が稼げなくてもその仕事を辞めたくないと思うようになるでしょう。

親や周囲に認められたいと思って、今まで得意なことばかりやってきたという人もいるはずです。しかし、そういう人は、自分の魂が求めることをしていないので本当に幸せを感じられないのです。

天職に就くことができれば、ほとんどの人は深い喜びとワクワクするような楽しさを感じることができます。そして、初めはあまり稼げなくても、そのうち大きな金額のお金を稼げるようになってきます。