子供の頃から好きだったことは何か?

天職は子供の頃好きだったことに関係している
天職とは、「この仕事をするために生まれてきたんだ!」と思えるほど自分にぴったりな仕事のことです。天から授かった仕事とも表現できます。

自分はどんな仕事が天職なのかは、自らにしか判断できません。そして、天職に就いている人は少ないですが、いつの時代にも必ずそうした仕事をしている人たちがいます。

特に、子供の頃に大好きでよくやって遊んでいたことは、天職に関係していることが多いです。

たとえば、小さな頃から機械いじりが好きだったという人は、エンジニアに向いているかもしれません。着せかえ人形で遊ぶのが好きだった人は、服飾関係の仕事やファッションデザイナーに向いているのかもしれないのです。

つまり、子供の頃にどんなことをして遊んでいたのかは、天職を探す時にとても役立つ情報になります。それにプラスして、大人になってからも好きなことを探してみると、次第にどのような仕事が天職なのかが絞り込めてくるのです。

好きだったことの中でお金を稼げそうなものがあるかどうかも考えてみましょう。そうやって考えていけば、どのような仕事をするのがいいかが自然とはっきりしてくるでしょう。

自分も、必ず天職に就けると確信しながら探してみてください。