自分の天職とは何かを見つけよう

好きなことがミッションにつながることもある
人間は誰でも使命を持って生まれてくる、という話を聞いたことはありませんか?その使命は、天職ややりたいこと、夢などにもつながっています。

誰でも、自分が生まれてきた意味を知り、その使命をまっとうできる人生を送りたいと願うのではないでしょうか?

たとえば、電球などの偉大な発明をしたエジソンや電話を開発したグラハム・ベル、パソコンを最初に作りだしたスティーブ・ジョブズは、人類に貢献する使命をしっかりとまっとうした人物だと考えられます。

また、日本の代表的な作家である夏目漱石や歴史に残るハリウッド女優のマリリン・モンローも、生まれ持った天才的な才能を充分に発揮する人生を送った人たちであるといえるでしょう。

では、自分は一体どのような使命を持って誕生したのか、気になりますよね。それを知って実行していくには、やりたいことや夢などを明確にして自ら使命に向かって進んでいく努力が必要です。

別に、有名人ばかりが天命をまっとうできるわけではありません。無名であっても、生まれ持った使命を遂行している人たちがいます。それは、好きなことをしている人たちです。

たとえば、大好きな美味しいパンを魂を込めて焼くパン屋さんでも、その天命をまっとうしています。それを食べる人たちを幸せにするという使命を遂行しているからです。

オンリーワンを目指す生き方がおすすめ

神様から与えられている人生の時間には限りがあります。その貴重な人生を、他人との競争に明け暮れるのはとてももったいないです。
できれば、競争によるナンバーワンよりも、オンリーワンを目指す生き方をしていきましょう。

自分と他人を比べて競争するのは疲れる
他人と競争するのは、楽しくないし疲れます。できれば、競争は避けたいと思う人も多いでしょう。しかし、現在の日本では、子供の頃から試験の成績などによって嫌でも競争を強いられます。

中学や高校の時に訪れる受験戦争はその最たるものでしょう。

こういった他者との戦いは、少しも楽しくないと感じる人が多いと思います。でも、社会人になり企業に就職してからも、他社との売上げ競争などが存在します。今の資本主義社会である日本では、誰でも何らかの競争を強いられている感じがあります。

自分でも、同年代の友人や知り合いと自らを比べてしまう習性が身についているのではないでしょうか?

他人と自分を比べても、落ち込んだ気持ちになることの方が多いです。妬んだり憎んだりする気持ちが芽生えることもあるでしょう。つまり、相手の幸せを純粋に喜んであげられないのです。こうした習慣は、貧しい心を育ててしまうこともあります。

いっそのこと、今から競争とはおさらばしましょう。ナンバーワンではなく、オンリーワンを目指す生き方をするのがべストです。

自分が本当に好きなことに専念していくと、オンリーワンの才能や能力が身につきます。世界中であなただけが持つ魅力を楽しみながら育てることができるのです。天職を得てマイペースで仕事ができ、競争する必要もなくなっていくという喜びがあります。

関連ページ