自分を主体にしてやりたいことを決めていこう

長いようで短い人生を充実させていくためには?
自分がやりたいことは、主体的な考えによって決めるのがベストです。たとえば、「楽しそうかどうか」によってすることを選びましょう。そうすれば、自分が楽しく感じながらやっていくことができます。

なかには、周囲から見て尊敬されそうなことをやりたがる人もいます。または、お金が儲かりそうなことばかりを選ぶ人たちもいます。しかし、他人からどう見えるかやお金の金額だけを気にして新しいことを始めても、きっと長続きはしません。

新しいことを始める場合は、自らを主体として決めていくことが大切です。他人から見た自分像を主体にして生きていくのは、とても苦しい生き方となります。他人の目ばかりを気にする人は、自分らしい人生を生きることはできないでしょう。

あなたが自分らしい生き方をしたいなら、まず自らの魂がドキドキしたりワクワクするようなことを探していく必要があります。

それを続けていくことにより、結果的には他人に尊敬されるようになったりします。人生は、長いようで短いのです。与えられている時間は、決して永遠ではありません。それを考えれば、自分らしく楽しく生きられる時を大切したいものです。