ありのままの自分自身を受け入れよう

幼い頃からのトラウマをなくしていこう
人間関係で疲れやすい人は、無意識のうちに背伸びして自分をよく見せようとしてしまう癖を持っていることが多いです。酷い人になると、まったく自然体でいることができない場合もあります。

しかし、人間関係であまりにも素の自分を出せないなら、相手の人もやはり疲れさせてしまいます。

もちろん、自分も楽しくありません。人と付き合っても嬉しくない、一人でいることの方が好きというタイプの人には、つい他人と付き合う時に本当の自分を隠してしまうというような人が多いのです。

そういう人は、幼い頃に周囲からありのままの自分を認められなかったという経験を多かれ少なかれしています。

そのために、ありのままの自分に自信が持てないでいるのです。もし、それが自分のことを言っていると感じる人は、「もっと違う自分でなければ愛されない」という無意識の思い込みをなくしていきましょう。

あなたは、そのままで充分価値があります。あなたが自分らしくいれば、それを好きだと思ってくれる人は必ずいます。何も、背伸びする必要はないのです。

子供の頃に周囲にいた人々は、あまり愛情深くない人たちだったのかもしれません。でも、すべての人がそうではないのです。あなたが変わることで、素敵で楽しい人間関係をきっと築けます。

ありのままの自分を受け入れられない理由とは?

アダルトチルドレンなどの心の病でなくても、ありのままの自分自身に自信を持てない人は多くいます。なぜ、そうなるのでしょうか?
それは、親が子供を褒める時にどのような言葉をかけていたかにも関係しています。

人間関係に疲れやすい人はありのままの自分を出せていない
ありのままの自分を受け入れられない、自然体でいることができない、という人は、どうしてそうなってしまうのでしょうか?

それは、親から「そのままで充分に愛される価値があるよ」というメッセージを子供の頃に受けとれていないことが関係しています。ありのままの自分だと認めてもらえないと感じながら幼少期を過ごしてきているのです。

もし、ありのままの自分が嫌いで生きづらさを感じているなら、心の奥底にあるといわれるインナーチャイルドを癒してあげましょう。インナーチャイルドが癒されると次第に自分の個性を愛することができるようになってきます。

子供の頃、ありのままの自分を否定されて傷ついた記憶があれば、その時のことを思い出して、「それでもいいんだ」と言ってあげましょう。

世の中には、人と付き合うことが大好きで営業の仕事を進んでしたいと考える人もいます。その逆に、人と付き合うことが苦手で接客や営業の仕事をしたくないと思う人も多いのです。そうなる理由には、素の自分を出して人と付き合えるかどうかという点が関係しています。

つまり、素の自分に自信を持てる人は、ありのままの自分をさらけだすことに恐怖感を感じていません。いつも自然体でいられることで、疲れる人間関係を作らないのです。

関連ページ